放射能の成長期の子供たちへの影響は?

子供は大人よりも放射能の影響を多く受ける

昨今日本でも問題になっている放射能の健康被害ですが、実は大人よりも子供の方がその影響を多く受けるのをご存知でしょうか?
体内に吸収された放射線物質は、細胞を破壊して様々な健康被害を及ぼします。子供の場合は大人よりも細胞の分裂が活発なため、放射能の影響を多分に受けてしまうのです。

子供の時に被爆すると成長が遅れる?

東日本大震災によって甚大な被害を受け、今なお放射能の影響が懸念されている福島県では、以下のような報告がなされました。

『福島県いわき市の小学校で、身長が全く伸びない子供が増えている』

本来成長にある小学生の子供は、1年に数センチ~十センチ単位で身長が伸びることもあります。しかし、この調査によるといわき市の小学校で、1年間の間に身長が一切伸びなかった子供が多く確認されたそうです。
また、このような子供の低身長報告は、被爆被害のあったチェルノブイリでも報告されています。チェルノブイリでの調査によれば、成長ホルモンとともに身体の成長に関わりのある甲状腺ホルモンが、被爆の影響により低下することで身長が伸びない子供が増えてしまったとのことです。

被爆を防ぐためには口に入れるものにも気を配る

目に見えない放射線物質は、空気や土壌に含まれ、その地で育った植物にも受け継がれてしまいます。また、草花と同様、野菜や果物なども、その地の空気を吸い、土や水を利用して栽培されます。そのため放射能の影響が懸念される土地で獲れた作物を摂取すると、体内に放射線物質を入れてしまうリスクが高くなるのです。

そのためお子さんの被爆を防ぐためには、普段口にする食べ物にも気を配りたいところ。
スーパーに売られている野菜や果物は生産地を記載し、その手の問題をクリアしているものも多いのですが、サプリメント業界ではまだまだそういった意識が薄く、表示をしていない製品もたくさん出回っています。
こちらの記事をお読みになっている方は、お子さんの身長にお悩みの親御さんが多いかと思います。最近は身長を伸ばすサプリメントも多く市販されているので、そうした放射線物質の検査をきちんとクリアしたものを選びましょう。

特におすすめなのが、子供の成長を増進する人気のサプリ『せのびと~る』です。せのびと~るは製品の放射能検査をきちんとクリアしてから商品を流通させており、成長期のお子さんにも安心して飲ませることができます。

>>せのびと~るの詳細はこちら<<